美白ケアは化粧水から始める

subpage01

美白ケアといえば日焼け止めを塗る・日傘や帽子を使うというようなことを最初に思い浮かべがちですが、まずは化粧水できちんと保湿することが美白への第一歩になります。
肌が乾燥していると外部刺激から肌を守る肌バリア機能が弱まります。
肌バリア機能が弱まると紫外線などの外部刺激から肌を守りにくくなり、知らぬ間に大きなダメージを受けてしまいます。

特徴のある化粧水の美白に関する情報を紹介するサイトです。

そうして刺激を受けた肌はさらに乾燥が進み、肌バリア機能が弱まる…といった悪循環に陥っていき、5年〜10年後には想像以上のシミやしわといった肌の老化に悩まされることになりかねません。そうならないためにはやはり化粧水でうるおいをしっかり与えることが大切です。
化粧水は保湿効果に加え、紫外線が気になる春から夏場は特に自分の望みにあった美白有効成分の入ったものを選びます。シミやそばかすの元となるメラニンの生成を抑制したいという「予防」がメインの目的ならば、アルブチン、カミツレエキス、コウジ酸、トラネキサム酸、プラセンタエキスなどの入ったもの、メラニンの生成を抑制するだけでなく、メラニンの排泄を促進したりメラニンを還元したりして今より白くするという「予防+改善」が目的ならばビタミンC誘導体が入ったものが効果的です。

NAVERまとめが評判になっています。

しかしビタミンC誘導体は美白効果が実証されている一方で肌を乾燥させてしまう作用もあるので、セラミドやヒアルロン酸といった保湿成分を一緒に配合している化粧水を選びましょう。

美白は明日すぐ効果が出るというものではないので、感触や価格など自分にあったスキンケアアイテムを吟味して、毎日こつこつとお手入れすることが肝心です。